コスト削減する会社が多い|名刺は専門業者がおすすめ

一番の広告になるもの

インク

様々なお店やイベントで配られている紙袋には、色々な種類があります。また、お客様やイベントで集まった方が自宅に帰るまで広告としての働きをするので、お店やイベントをアピールするためにはオリジナル紙袋であることが重要です。

詳しく見る

実は宣伝効果のあるもの

様々な紙袋

紙袋は、荷物を入れるだけでなく、看板を持ち歩いているような宣伝効果が見込めます。お店のロゴやメッセージのあるものなどをデザインすることで、多くの人の目に入ることになり売り上げにつながるかもしれません。オリジナル紙袋を作って、宣伝してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

印刷や制作のコストなど

茶色の紙袋

オリジナル紙袋を制作する際には、サイズや色彩、印刷方法などを自分で選ぶことができます。ロゴや加工法などによって、用途に合ったデザインに仕上げることが可能です。宣伝効果が高いアイテムなので、じっくりと検討して制作していきましょう。

詳しく見る

有効活用したいアイテム

カード

少量でも注文できる

オリジナル紙袋を使う店や会社は、一頃に比べて少なくなったといわれています。スーパーのロゴ入りレジ袋が減って無地の袋を使う店舗が増えたのと同じように、コスト削減のためであると見られています。しかしオリジナル紙袋は実用性も備えている優れた広告用アイテムなので、これを利用しないのはもったいないことだといえます。最近では、インターネットを使ってオリジナル紙袋や名刺を注文することができるので大変便利です。ネット注文は大量でないとダメなのではないかと心配する人もいることでしょうが、50枚とか10枚とかいった小口の注文でも受け付けてくれるところが増えています。中には1枚からでもOKという業者もあります。ただしネットでオリジナル紙袋や名刺を注文する場合は、紙質などに注意する必要があります。特に名刺はお客様以外に取引先の相手に渡すこともありますので、パッと見て目をひくような紙質やデザインを意識することが重要となります。また名刺専門の印刷業者も存在しますので、そういったところに注文すると満足のいく仕上がりが期待できます。

データ入稿もOK

紙袋は物を入れて持ち運ぶという用途の品物なので、オリジナル紙袋にはそれ相応の強度が求められます。そのため、通常は包装専用仕様の紙が材料として用いられています。しかしあまりに安価なオリジナル紙袋の中には、包装専用の紙を使わずにもっと薄手の強度の低い紙を使う業者もあるので注意しなくてはなりません。注文する際には、品質についての記載をていねいに読んでチェックするようにしましょう。この業者の製品なら大丈夫そうだということであれば、後の注文方法は簡単です。まず見積もりフォームに必要事項を記入して送信します。見積書の金額で良ければサインや署名をして返送します。最近はロゴや図案などもデータ入稿が可能になったので便利になっており、コスト削減を図ることができるでしょう。